オンライン カジノ デモ
新聞 THE BSSC JOURNAL onlineオンライン カジノ デモ
新聞 THE BSSC JOURNAL online

男子バレーボール部 3度目の1部昇格


男子バレーボール部は秋のリーグ戦(2部)で見事優勝を飾り、2021年度以来3度目の1部昇格を決めた。主将で来年はVリーグの東京ヴェルディ(V3)でプレーする腰高悠斗選手は「僕もVリーガーとして成長していくので、新チームもさらなる高みをめざしてほしい」と、後輩たちにエールを送っている。

1部の厚い壁を跳ね返せるか
腰高選手は、近江高校出身のセッター。入学時に竹川智樹監督から「Vをめざせ」と言われたことを胸に、チームの要として活躍してきた。
「自分の力でチームを1部に昇格させる」という思いは、キャプテンに就任するといっそう強くなった。
だが、「チーム内に明らかな温度差があった」と振り返る春のリーグ戦は3位と昇格にあと一歩及ばず。さらにともにチームを引っ張ってきた3年次生のリベロ、五頭寛大選手がVリーグの東京グレートベアーズ(V1)への加入が決まり、チームを離れた。

男子バレーボール部は約60人の部員を3つのカテゴリーにわけているが、すべてのカテゴリーの部員に目を配っていたという腰高選手。五頭選手がいないこともネガティブにとらえず、残りのメンバーでベストなチームを作ることを考え続けた。「寛大がいなくなって逆にチーム内で議論する機会が増えた。意見をぶつけあえば、温度差はなくなっていく。次第にチームがまとまっていくのを感じていました」
その結果、秋のリーグ戦で春の雪辱を果たして優勝、入学時から自らに課していた「1部昇格」の決意を現実のものとした。

過去2回の1部リーグでの戦いでは、高い壁に跳ね返された男子バレーボール部。
腰高選手は「メンバーの入れ替えが少ないのが新チームの強み。寛大も戻ってくるのも、心強い。現状に満足せず、最低でも残留、少しでも上をめざして頑張って欲しい」と、後輩たちのさらなる躍進を期待している。
(文責・渡邉大陽)

Google
魚谷 侑 未 麻雀 ゲーム 無料 スマスロ銭形 入金 不要 フリー スピン 朝倉みくる メイウェザー 優勝 候補 甲子園 ライブ バカラ ヴァルヴレイヴ セリフ 示唆 当 カジノ は 誰 でも ウェルカム 麻雀 無料
map